上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日ハイ、私なりの感想。
11:12
全126話、2度目の視聴終了。
最終のタイトル画像は好きなこのシーンで。

私の拙い感想もこれにて終了、ネタバレOKよ~って方はつづきから (=´ー`)ノ どうぞ。
これから最終話なのよ、って方はまたのご訪問お待ちしております、ヨンコ~リヨンヨン♪
#126 最終話。
この二人なくして・・

11:12
ヘリ&シネの存在なくして明日ハイは成立しませんよね。

シネのタヒチ行きに、これでもかってくらい泣いて泣いて、行かせないわよって泣いて泣いて
自分が居ない間にシネが居なくなっちゃうんじゃないかとお互いの手と手を紐で結んで・・
う、いかん。 ちょっと思い出しただけで泣きそう

以前はシネに触らせることすら許さなかった、お気に入りのお人形を渡すヘリちゃん。
今回だけは許してあげる、その代りすぐに手紙を書かなきゃただじゃおかない、・・・
最後までヘリらしかったね。
11:12
シネはその人形をそっとヘリのベッドに置いて去って行く。 シネちゃんらしい。
ヘリは学校から戻り、シネ達が去った後の、誰も居ない家でひとりシネへの別れを叫ぶ・・・

今でこそ可愛くてたまらないヘリだけど、最初の頃の彼女の憎らしさときたら。
特にシネに対する彼女の悪行の数々はそりゃもう引くくらい ・・ 大丈夫か?ってくらい酷い。
ヘリのわがままなで横暴な性格が半年やそこいらで変わった訳じゃなく、
シネの存在が彼女の本来持っているやさしい部分を引き出してくれたまでのこと。 

11:12
ヘリにとってシネの存在が大きかったように、シネにとってジュリアンは大事な大事な人。
シネだけじゃなく、このドラマにとってもジュリアンは絶対に欠かせない唯一の良心  
唯一とはちょっと言い過ぎ? だとしても、
掛け値なしの良い人、普通に良い人のジュリアンが溜まっていく毒をイイ具合に中和してくれる、
そんな存在でした。 彼は。

:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:
セギョン親子の再会、お世話になったジュリアン達へ別れの挨拶、シネ・ヘリの感動的なお別れ、
そしてジュニョクは受験を頑張るとセギョンと約束し、ジョンウムも就職が決まったよう。
残すは問題のラスト。
:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:  


今回2度目の視聴でした。
そして、2度目の最終話です。

初見時はこのドラマを見終えた多くの方同様、衝撃というよりは茫然。
一週間は寝込むよ~のお声通り、心の中のもやもやはそりゃもう一週間どころか・・・
あまりに納得出来ず、多くののブロガーさんの様に、私も私なりのラストを想像して無理無理納得しようと;
例えば、
3年後のジュニョクとジョンウムの台詞では一言も二人の死を言及されていない、ならば・・
車中のセギョンの粘りつくような告白で思わず魔が差したジフンがいっしょにタヒチに行っちゃったとか。
死とは切り離せたものの、イヤな感じだ、全然ダメ。 こんなのも考えた・・・

死を避けられないならばせめてファンタジーで抑え込む;
実はセギョン姉妹はスンデ一家に出会う前以前に亡くなっていて、天国へ行く前にスンデ一家に・・・
ダメだ。
スケール大きすぎて脚本総取っ換えだ。だいたい私の想像力の許容範囲を超える。

そう、初見時、私はどうしても二人の死を受け入れたく無かった。 

死で、ましてや事故死なんかで完結させるなんて到底納得出来なかった。
この点は2度目の視聴を終えた今でも同じ想い。
セギョンの想いは結局最後まで一方通行で、結果的に彼女がジフンを意味を成さない死に引きずり込んだ形。
時間を止めたい」 
愛するジフンを永遠に自分のそばに、この世で結ばれないなら、安らかなあちらの世界で・・・

セギョンの願いを叶える唯一の方法としてのある意味幸福な終わり方? 

作り手の意図?  絶対ない、これだけはない。  実際そんな風には全く考えられない。

それじゃ制作側が意図したものって・・・
‘喜劇と悲劇は隣り合わせ、不幸はある日突然に・・’的なことを当時キムPDが言ったとか言わなかったとか 
実際本当にこんな発言があったとしても、在り来たりすぎて後からのこじ付けとしか思えない。
ラストを普通に終わらせたくなかったのは確か、そりゃハイキックだもの、ショウガナイ。

ここからは(あ、全部か)私の勝手な想像だけど、何かしらの毒をもって終わらせたかったんだろう。
考えてみたらこのドラマは毒のあるドラマ。
爆笑の後、ちょっとだけイヤ~な気分になる。 涙した後もちょっとだけイラッときたりする。
そんな毒の量をラストに於いて少々(かなりか)盛り過ぎて、ジュリアンをもってしても浄化できない。

:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:

そう。 結局私にとって、このドラマのラストは究極のバッド・エンド

セギョンはジフンとのあの瞬間を、別れた後もずっと大事にしたいとは思っても、
あんな形で封じ込めたいなんて決して望んでなかったはず。
二人にとっても、残された者たちにとっても
ただただ不幸な出来事なだけ。 二人の死には何の意味も無いし、そこから生まれるものも無い。

:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:・:*:・・:*:・・:*:・ :*:・・:*:・・:*:

щ(´□`)щ オーマイガーッ!! 最悪! 毒を盛られ過ぎたー! って
開き直ったらすっきりした(ほんと?)

どんなに最後が毒々しくても、セギョンに魂吸い取られそうでも、やっぱり
このドラマ大好き!  今更何を・・・
作り手にまんまと乗せられちゃってるのも分かってるけど、一話一話がグッグッ だから良しとしよう。
PDの‘ラストがつんと効くの持ってきて忘れられなくしてやるぞ~’ってな悪趣味な思惑も許そう。
さじ加減をもうちょい何とかしてくれたら悪趣味の美ってことになってたのかしらん・・・

大好きなドラマだからこれからもリピするだろうし(ラストすっ飛ばしで)、
おばちゃんだから当然人にも勧めるよ~
「すごく面白いけど、ラストから絶対見ないでね~ ふっふっ・・・・」

・・・ 訳知り顔な悪趣味感満載で

11:12

長々とめんどくさいおばちゃんの戯言にお付き合いくださり本当にありがとうございました<(_ _*)>
また拍手&拍手コメ、コメントを下さった方々にも重ねてお礼申し上げます。
 

よろしかったらポチリとお願いします→ 


I'll be back!
ヾ(^_^)マタネー
関連記事

Comment

最終話
待ってました〜!最終話の感想。

確かに毒、盛られましたね。てんこ盛りで、正直興ざめ。

最初みたときの私の落ち込みようは笑えるほどでしたが、
何回も観ると、もはや免疫が付いたのか、納得出来ています。
ここまでに至る道のり、それは険しいものでしたが(笑)

私はジフンが好きなもので、ジフン中心に観てたんです。
ジョンウムにフられてからのあの落ち込みようは、
もう涙なくしては見れず。
切なくて切なくて。
そんなジフンは、セギョンと過ごす時間が増えていき、
私にとっての最悪な最終回は『ジフンの心変わり』でした。
ネットで最終回が最悪な終わり方と知り、
内容を見てない時は、ハラハラしてました。
でも、やっぱりジフンは最後までジョンウムを思っていましたね。
病院で寝ているジョンウムの指を眺めるシーンの意味がわからなかったけど、
後で小さい小箱を持ってたから、きっと指輪ですよね。
プロポーズするつもりだったんだろうと、解釈してます。

もちろん、事故死は残念なんですけど、
それまでの運転シーンでよそ見運転が気になってたし、
寝不足、雨、涙という条件を揃えた製作者側の意図がちょっとわかった気がします。

あんなに雨なら飛行機飛ばないんじゃない?みたいなツッコミを入れたくなるところも、
ハイキックっぽいと思いました。

なにより、焼酎の着ぐるみと真面目なジフンのツーショットがかなりツボでした。

結果的に、最終回は誰を中心に見るかで感じ方が違うでしょうね。

これだけ最終話に関して語れるドラマも早々なさそうなので、
私にとってはやっぱり思いで深いハマりにハマった最高のドラマです!

最後になりましたが、こちらのブログも一緒に永久保存です!
ありがとうございました。
Re: 最終話
じゅんこさんへ

時間掛かったわりに、たいした感想書けずにスミマセン^^;

> 最初みたときの私の落ち込みようは笑えるほどでしたが、

まさに私もじゅんこさんの様でしたよ、 ほんと、ドラマなのにね。
残された家族のことを心配したりして。
それぞれのキャラに愛着を感じ過ぎちゃって・・・v-410


> 私はジフンが好きなもので、ジフン中心に観てたんです。

一度目はジュニョク&セギョン、そして今回はかなりジフン&ジョンウム寄りに。
ジフンさんは今回じっくり観てかなり好きになりました。
何考えてるか解らない風ですが、中味は意外とシンプルで実直。
一見冷たそうですが根底には温かな気持ちを持っている人、そんな風に感じました。
(これはスンデ一家全員にいえることですが)
私も最終話をじっくり観てジフンの心変わりは無かったと確信しました。
初見では見逃していた指輪の箱もばっちり確認したし、
じゅんこさんの解釈に同感です。


> 結果的に、最終回は誰を中心に見るかで感じ方が違うでしょうね。

ほんとですね~、じゅんこさんが言われる通りです。
一度目の時はかなりセギョンよりだったので、二人の死に何らかの意味を持たせようと
必死に考えて苦しかったけど、
今回は、ジフンの気持ち変わらずと感じたので、あの結末は降って湧いた災難、大災難。
中途半端なハッピーエンドでもやもやするより、事実のみ受け止め、
超バッドエンドだと受け止めた方が私には楽でしたv-392


> これだけ最終話に関して語れるドラマも早々なさそうなので、
> 私にとってはやっぱり思いで深いハマりにハマった最高のドラマです!

一話一話がしっかり作られているからこそ、最終話でこれだけ盛り上がれるんですよね。
時間を空けて観直すと新しい発見があったりして、見れば見るほどハマリます。


> 最後になりましたが、こちらのブログも一緒に永久保存です!
> ありがとうございました。

そんな風に言ってもらって、恐縮しつつも本当に嬉しいです。v-408
くだらない感想や拙い文章にお付き合い下さり、こちらこそ、
ありがとうございました<(_ _*)>

ハイキック関連で何か面白いもの見付けたらボチボチ更新していくつもりなので、
良かったら、また覗いてみてくださいね!

Post Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。