上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[明日に向かってハイキック] ブログ村キーワード

ずっといっしょに、
11:12
・・・・・・ 居たかった。

ヌナにとって僕はいったい何だったの?

ジュニョクの涙で溺れそうな感想はつづきから・・・  (‐_‐)σ *ネタばれ大いにあり*           
#124
ジュニョクの涙

11:12
遊園地デートの後セギョンに想いをぶつけるジュニョク。
‘自分の方を見てくれるまで待つつもりだったのに・・それなのに・・’ 

自分の好きな人の気持ちは自分の叔父に向けられている、でも彼は待つつもりだった。
きっといつかは振り向いてくれると信じていただろうから。
彼女が移民してしまえば、儚い夢さえ叶わない。
どうすればいいんだ? 泣きながらの訴えに、私も(T_T)...おばちゃんがなんとかしてあげたい... 

そして彼同様、驚いたのがセギョンが例の手紙を読んでいたこと。
1度目は茶碗でも洗いながら見ていたのか、はたまた
シユン君ばっかり見ていてセギョンの台詞を聞いていなかったのか・・  記憶ありません。
そんな訳で、全てを把握しているつもりで余裕こいて見ていたので、
多分ジュニョクより私の方が驚いた。 かも。

はぁ?手紙読んでたのに今日の遊園地? (ジュニョクとかぶりながらの私の叫び)

酷い、ジュニョクが言うよう確かにヒドイ。
振り向いてもらえないだけでなく、同情までされていたと感じたら・・ジュニョクは本当に傷ついたはず。

でもセギョンにとって彼は、自分を慕ってくれる、自分より遥かに子供の可愛い弟。 
決して男とはみれない弟の淡い気持ち・・・ 同情からではなかったはず。
そんな弟みたいな彼と楽しい思い出を作りたかったからだろう。 

ジュニョクの想いがこんなに深く、真剣だったことに、この時初めて気づいたのかも・・・


スンデ+ジャオクの馴れ初め
このep、ほんとにいらん。
初回視聴時は4人の結末が気になって気になって、今頃こんな話勘弁して!って思ったけど、
今回2度目でもこの話、

いらん。

#125
再会

11:12
久しぶりの2ショット、やっぱりこの二人だと落ち着く、
1度目よりかなりジョンウム派になってる私なもので。
ジョンウムがこの時残っていてくれてたら・・・ そんな最終話につづく思いは後日。


涙の口づけ
傷心のあまりセホ宅へ逃げていたジュニョクだったけど、セホの‘残された時間を大事にしなきゃ’の
言葉でセギョンのともへ。
いっしょに通いたかった大学へ彼女を連れて行き・・・

11:12

11:12

(ノ_-;)ハア… 

 (ノ_-;)ハア…


残すは最終話のみシクシク... ポチでやる気をお願いします→ 
 

Comment

Post Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。