上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジフンとジュニョク
11:12

劇中では叔父と甥の間柄ですが、皆様ご存じのようにお二人は実年齢では同い年(1986年生まれ)。
ハイキック当時は23,4歳てこと、青年医師と高校生、どちらも違和感ないですよね。

シユンが童顔なのか、ダニエルさんが老け顔なのか


「明日に向かってハイキック」#109~#111。

ダニエルジュニョクを想像し ・・・・・・    絶対ナイわ~と思いつつの感想は (´ー`)σつづきから
#109
恋するジュリアン
11:12
ジャオクssi~だったらどうする?って思った人いません?

それはそれで面白かったかしらん。
スンデ祖父ちゃんと校長じゃなくジュリアンが決闘してたりして。
短い足で必死にキックする祖父ちゃんを見てみたい気も・・
万が一祖父ちゃんが勝利を手ににしたとしても
ジャオク姫は間違いなくジュリアンを選ぶでしょうが。

このドラマの良心ジュリアンは勿論、みんなのジュリアンだけど
できれば、
かわいいシネちゃんの願いが叶って欲しいなぁ・・・

ソウン大
11:12
自業自得とはいえ4年間通った母校の卒業式に出れなかったジョンウムちゃんが何だか哀れだった。
そもそも、なにゆえ大学から遠く離れたソウルに住まなきゃならんのか、
おしゃれ好きでブランド大好きな彼女は高速バスを使ってでも都会に居たかったのだろうけど。
彼女だったら、明るい性格とキレのあるダンスで京畿道のスターになれただろうに

#110
ほぁんほぁんほぁーん♪
11:12
人をイラつかせたら世界一だね、ボソク。
はずさないよ~、この人。  こうやって見ると、ピンクもえらい似合ってるじゃない ボ・サ・マ。

告白
11:12
遂にソウン大生だったと告白するジョンウム。
ヒョンギョンの怒りは相当なものだ、そんなに怒らんでも~と思っちゃうけど
超男前の彼女には許せないんだろうね、この手の嘘は。
一人必死にジョンウムを擁護するジュニョクの頭をパンパーン、かなりの回数はたかれてます
可愛いジュニョクヘッドが。
怒りのヒョンギョンをなだめるだけでなく、ジフンがもう少し何とか言ってくれれば良いのに。
ジャオクもジャオクで、もーちょっと頑張れないわけ?  分かっちゃいるけどさー。
ホント役に立たないなぁ、この婆さん。

#111
ラブウィルス
11:12出会った当初は明らかにお互いを異性として意識していたはず。

特にジョンウム兄貴はあわよくば・・って感じだったよね。
ジュニョクも反抗しながらも、好意を持つようにはなって・・
ぅん~ 違うな
根本的に彼のタイプでは無い気がしてきた。

男っぽい彼を奮い立たせるのはやはり、
儚げで思わず手を差し伸べたくなるセギョンタイプ。

泣き顔の女に男は弱い...?
セギョンが超巨乳ということも忘れてはならない。

詐欺
ボソク系(そうはいないか)の人が詐欺に遭わないはずがない。
男前ヒョンギョンが居なければとっくに終わっていたはず、絶対 (-_-; 

残り15話寂しい.... ポチでやる気をお願いします→ 
 

Comment

Post Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。